2004年6月28日月曜日

au端末では当分はフルブラウズ端末は出る予定無し

ちょっと古い話題。
でも、まぁ、auが「フルブラウジング」に消極的なのは当たり前だね。

コンテンツに対し、しっかりと課金ができる仕組みがあるEZweb向けとした方が情報提供会社にとってもメリットがあるだろう

てな感じなことを言っているけど、「現状維持」は「情報提供会社」にはメリットがあるけど、「利用者」にはメリットが無いんだよね。

ちょっとしたニュースを確認するにも、京ポンならasahi.comに直接アクセスすりゃ無料で見られるけど、auとかだと有料のところが多い。
乗換え検索でも、京ポンなら無料なのに、一定以上のコンテンツを利用しようとすると、やっぱり有料になる。
で、この構造を変えようとなると既存の収入がなくなってしまうことになるので、変えられないんだろうね。

フルブラウザ機能は、インターネットのサイトをちょっと確認したいという場合には便利だが、残念ながら使い勝手がいいとはいえない。


使い勝手が悪いのは、「フルブラウザ機能」が悪いんじゃなくって、端末性能が悪いだけかもしれないっすよ。
auの端末として出せば、もうちょっと快適な端末を出せるんじゃないの?
現在のQVGA液晶でも、「横向き」でブラウズできれば、かなり見やすくなると思うんだけどね。

あと、端末性能を上げて「タブブラウズ」に対応できればもう完璧かな。(だんだん、マウスが欲しくなる。。)

0 件のコメント:

コメントを投稿