2005年2月15日火曜日

キヤノン、天体写真撮影向けの一眼レフデジタルカメラ『キヤノン EOS 20Da』 を発売

http://ascii24.com/news/i/hard/article/2005/02/14/654255-000.html

水素のスペクトラムのHα輝線(656nm)の透過率を約2.5倍に高めた赤外カットフィルターを約820万(総850万)画素の CMOSセンサー(APS-Cサイズ:22.5×15.0mm)の前面のローパスフィルターに組み込むことで、従来撮影が難しかった赤い星雲などを特殊なフィルターなしで撮影できるようにしたのが特徴

らしいんですが、あんまり数は売れ無そうですね。。。
そんな機種があった方が、私的には嬉しいですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿