2005年4月18日月曜日

万有製薬「「かぜ」にかぜ薬を飲んでも意味はありません」のページ

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch198/ch198b.html
萬有製薬のページの情報によると、

かぜの症状を緩和する薬がいくつか市販されています(市販薬: かぜ薬(感冒
薬)を参照)。しかし、それらの薬はかぜを治すわけではなく、かぜ自体は1週
間ほどでいずれにせよ治ってしまうので、こうした薬は症状によって飲んでも
飲まなくてもよいとされるものです。

アスピリンはライ症候群にかかる危険性が高くなることから、小児には勧めら
れません。せき止め薬についても、せきを無理に抑えてしまうと気道にたまっ
た分泌物や異物を除去できなくなるので、安易な使用は避けるべきです。ただ
し、睡眠を妨げるような激しいせきや、せきによる強い不快症状がある場合は、
せき止め薬を使用してもよいでしょう。


参考になるなぁ。

合わせて、「かぜ薬」のページ
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec02/ch018/ch018e.html
も参照。

まぁ、むやみやたらに薬は使わない方がいいって話だね。
薬自体の副作用だって「0」では無いわけだし。

0 件のコメント:

コメントを投稿