2008年7月14日月曜日

Fedora 8から9にバージョンアップした

自宅ではLinuxを使っていて、
Fedora 8を使っていたんですが、それを9にバージョンアップしました。

バージョンアップ方法は、以下のとおり。


# rpm -Uhv ftp://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/9/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-*.noarch.rpm
# yum remove thunderbird
# yum clean all
# yum update rpm\* yum\* gamin
# yum -y upgrade
# reboot
# yum install yum-utils
# package-cleanup --cleandupes

途中、上記のupdate/upgradeの時に、依存関係のエラーが何個か出たのですが、
特に問題無さそうな既存パッケージのエラーだったので、既存パッケージを削除した。

後は、上記手順で基本的にはOKでしたが、一点、困った問題が発生しました。
私は、M2NPV-VMというマザーボードを使っていて、オンボードのグラフィック(nvidia)を使用しているのですが、
新しいカーネル用のnvidiaドライバを入れ忘れて、
再起動後、画面が崩れた表示となり、まともに映らなくなりました。

このままでは、使えないので、ひとまず、古いカーネルで起動し直して、
画面をまともに表示させて、新しいカーネル用のnvidiaドライバをインストールしてから、
再度、新しいカーネルで再起動して、事なきを得ました。

良かったこと:
Fedora8ではサスペンドが出来なかったのですが、9にバージョンアップしたら、
サスペンドが出来るようになりました。
これで、電気代がちょっとは安くなるかも。。。

以下、参考URL:
http://fun.poosan.net/sawa/index.php?UID=1211207724

0 件のコメント:

コメントを投稿