2009年8月12日水曜日

iPhone(3GS)の素晴らしいところ(その1):動作がキビキビしている

先日のエントリーで挙げたもののうち、
「動作がキビキビしている」について記します。

少なくとも、現在使用している他社ケータイ(N906i)より、かなり素早い動作です。
使用頻度の高い、メールボタンや、文字入力ボタンなどの応答が、まるで異なります。

N906iは、ボタンを押してから0.5秒程度のラグを感じますが、
iPhone 3GSでは、0.1秒以下で、何らかの反応があるように感じます。

「たった0.4秒差?」と思うかもしれませんが、体感的にはかなり異なります。

やはり、こういうものは、「何かを要求したら、可能な限り素早く反応する。」と言うことが
重要なのだな。と感じました。

ソフトウェアを作る上で、非常に参考になります。

1 件のコメント: