2009年9月5日土曜日

iPhone(3GS)の素晴らしいところ(その4):カメラが使い物になる

iPhone(3GS)の素晴らしいところを10個挙げるのその4:「カメラが使い物になる」について、記したいと思います。

もちろん、最近の普通のケータイには、ほぼ全てカメラが内蔵されており、
使えるのは当たり前の状況です。

ただ、それが、「使いやすいか?」(使う気になるか?)は、別問題です。
最近の携帯電話は、高機能化により、どんどん動作が鈍くなってきています。

「ケータイ電話のカメラ起動ボタンを押してから、写真をとるまでに10秒位かかる」
ということもしばしばあります。
また、シャッターボタンを押してから、実際に写真がとられるまでのタイムラグが大きかったり、
次の写真を撮るまでに数秒待たされる、ということもあります。

ケータイで写真を撮りたいときは、本格的な写真を撮りたいわけではなく、
「気軽に、ささっと撮りたい」という欲求が強いはずで、それなのに、
「数秒待たされる」ということになると、写真を撮る気が失せるわけです。

iPhone 3GSでは、上記の問題をかなり改善できていると思います。
また、ボタンを押したら、即何らかの反応があるので、
使っている方としては「ちゃんと動いてる」というのが分かるので安心です。

私が使っている某社のケータイは、ボタンを押しても、ちょっと反応が鈍く、
で、押したボタンもバッファリングされている様なので、
「あれ?、ちゃんと押せなかったのかな?」と思って、再度ボタンを押すと
押しすぎてしまうことがしばしばあります。。

こういうところは、iPhoneに学ぶべきだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿