2010年9月18日土曜日

VPS比較Part-2(お名前.com vs さくらVPS)

と言うわけで、さっそく準備ができたようなので比較してみたいと思います。
以下、計測ログ等。

お名前.comサーバ:

onamaeVPS $ grep processor /proc/cpuinfo |wc -l
16
onamaeVPS $ time for ((i=0; i<100000; i++)); do :; done

real 0m0.726s
user 0m0.381s
sys 0m0.345s
onamaeVPS $ time for ((i=0; i<100000; i++)); do :; done

real 0m0.842s
user 0m0.422s
sys 0m0.420s
onamaeVPS $ time for ((i=0; i<100000; i++)); do :; done

real 0m0.787s
user 0m0.257s
sys 0m0.530s
onamaeVPS $ grep -e MemTotal -e Swap /proc/meminfo
MemTotal: 1048576 kB
SwapCached: 0 kB
SwapTotal: 0 kB
SwapFree: 0 kB
onamaeVPS $ df -T
Filesystem Type 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/vzfs vzfs 124780544 17436724 107343820 14% /
none tmpfs 524288 4 524284 1% /dev
onamaeVPS $ uname -a
Linux 0r2.info 2.6.18-028stab068.9 #1 SMP Tue Mar 30 17:22:31 MSD 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
onamaeVPS $ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)


さくらVPS:

sakuraVPS $ grep processor /proc/cpuinfo |wc -l
2
sakuraVPS $ time for ((i=0; i<100000; i++)); do :; done

real 0m0.497s
user 0m0.486s
sys 0m0.010s
sakuraVPS $ time for ((i=0; i<100000; i++)); do :; done

real 0m0.491s
user 0m0.478s
sys 0m0.013s
sakuraVPS $ time for ((i=0; i<100000; i++)); do :; done

real 0m0.576s
user 0m0.568s
sys 0m0.008s
sakuraVPS $ grep -e MemTotal -e Swap /proc/meminfo
MemTotal: 510532 kB
SwapCached: 0 kB
SwapTotal: 2048276 kB
SwapFree: 2048276 kB
sakuraVPS $ df -T
Filesystem Type 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2 ext3 18222732 1861328 15420800 11% /
/dev/hda1 ext3 101086 17861 78006 19% /boot
tmpfs tmpfs 255264 0 255264 0% /dev/shm
sakuraVPS $ uname -a
Linux www5296u.sakura.ne.jp 2.6.18-194.8.1.el5 #1 SMP Thu Jul 1 19:04:48 EDT 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
sakuraVPS $ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.5 (Final)


というわけで、ざっくり評価まとめは以下のような感じ。

  1. CPU数はお名前.comの方が上(8倍)

  2. メモリ量はお名前.comの方が上(2倍)

  3. ディスク容量はお名前.comの方が上(6倍以上)


と、ここまではお名前.comのアドバンテージですが、
さくらVPSは、

  1. 実動作スピードはさくらVPSの方が上(50%以上高速)

  2. Swapが使える分、ちょっと気楽(必要ならもっとswapを足せば良い)

  3. 安い!(お名前.comの半額以下)


というアドバンテージがあります。

どちらが良いかはケースバイケースですが、
私はさくらVPSをもうちょっと使ってみようかと考えています。

VPSが気になる方は、以下からどうぞ。






『さくらのVPS』を使ってみることにする

さくらのVPSが月額980ということなので、使ってみることにします。
何に惹かれたのか?というと、KVMを使っているからです。
現在は、お名前.comを使っていて大きな不満はないのですが、以下が気になっています。

  • Virtuozzoで、SWAPが使えない(すぐにOOM発生)

  • 月額料金が高い(その代わり、それに見合う快適度合いだとは思いますが。



どっちが良いのか、これから使って比較してみます。



2010年9月17日金曜日

SPモード使うのやーめた

先日のエントリで、SPモードを使い始めたと書いたのですが、
しばらく使うのを止めることにしました。

理由は以下のとおり。

  • メールアプリの動作が遅い。機能不足

  • i-mode専用サイトが見られない


特に、「メールアプリの動作が遅い。機能不足」が致命的。
もう、普通にpopかimapを提供してくれればメールアプリは適当なのを使うのに。。という感じ。
メール通知だけしてくれれば充分です。

なので、今は、

  1. Xperia(WoSim) + WiMax

  2. ガラケー(N906i)


で、結構快適。

ガラケーでi-modeサイトを見ると、パケット代がかかって来ますが、
まぁ、あんまり気にしない方が精神衛生上いい気がしてきました。
それほどi-modeサイトを見ることはないので、多分最小金額に抑えられる気がしています。

ちょっと不満はWiMaxのエリアの狭さ+電池の持ちが悪いことでしょうか。

2010年9月11日土曜日

Kindleを2.5.4へアップデートした(今更ながら)

今更ながら、Kindleを2.5.4へアップデートしました。
kindle update to 2.5.4

ネットの情報を探ると、2.5.6が最新版っぽいのですが、
何が変わったのかはさっぱりわかりませんw

#2.5.4へアップデートしたら2.5.6へ自動的にアップデートされたって話も
#あるようですが、私のKindleは2.5.4のままです。今のところ。

SPモードとiモード.netについて

先ほどのエントリーで、SPモードを使い始めたのは書いたとおりですが、
ここでは、iモード.netとの関係を書きたいと思います。

どこかにまとまった資料があればいいのですが、
SPモードマニュアルには以下の記述があるだけで、

iモード.net:spモードメール×。iモードメール○。

「メールアドレス入れ替え」をした場合の動作などが
いまいち不明確だったので、とりあえず書いておきます。

結論:
「メールアドレス入れ替え」をした場合、
「iモードメールになった方のアドレスでiモード.netできる」
という単純なものでした。。

つまり、

spモードメールアドレス:foo@docomo....
iモードメールアドレス:bar@docomo....

という状態の時は、bar@docomo...のメールに対してiモード.netができ、
「メールアドレス入れ替え」を行って、

spモードメールアドレス:bar@docomo....
iモードメールアドレス:foo@docomo....

という状態の時は、foo@docomo...のメールに対してiモード.netができるということです。
分かってしまえば単純ですが、やってみるまでいまいち分かりませんでした。

SPモードを使い始めた(感想)

先日より、「SPモード」と言うサービスが始まったので、
使ってみました。で、その感想。

(使い始める前の)しょっぱなの印象:
「へー。(docomo.ne.jpの)メールアドレスが二つ持てるってことか。最初の半年は無料らしいし、なんだか良いかも。」

現在の印象:
「肝心要のメールアプリの使い勝手が悪すぎる。重いし、低機能。」

と言う感じです。。

SPモードメールアプリは、SPモードを契約しないと使えないので実質無料だと思うのですが、
この品質はひどすぎる。
いろいろなブログ上で、話題になっている模様。
http://www.google.co.jp/search?q=sp%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89&hl=ja&tbs=blg:1

Music Save My Life.
では、いろいろと改善要望をまとめているので、もし、
「まだSPモード使って無いけど、気になっている。」
というひとは、どんな感じなのか、見てみると良いかと思います。

個人的には、
「挙動が重たい、遅い。」
が、一番痛い。twicca並の動作にしてほしい。

次は、
「無線LAN設定時にiモードメールがダウンロードできない」
でしょうか。これができないので、無線LANは常時OFFの運用になってしまいました。
(いちいち切り替えるのが面倒くさい)

上記に載っていないことで気になっている点は、
「絵文字の選択のさせ方がユーザフレンドリじゃない」
です。
どういうことかというと、
SPモードメールアプリで、絵文字を入力しようとすると、
「デコメ」ボタンを押すのが普通だと思うのですが、これを押すと、
「ファイル選択」というダイアログで「本体から選択」と「SDカードから選択」
の「選択」を迫られます。で、「選択」すると次は、「カテゴリ毎」の絵文字を選択することになります。

ユーザに選択を迫りすぎです。「デコメ」ボタンを押したら即、絵文字を入力できれば良いだけだと思います。
「SDカードから選択」したい人なんてほとんどいないだろうし、
「デフォルト動作をどちらにするか?」を設定させるか、
「本体へコピーする」機能を追加すれば良いだけだろう。

正直、一般消費者が使うものなのに、まったく使い勝手を考えた設計・テストができていないと思われます。


SPモードを使うために、しばらくWiMaxを使わないことにしたのですが、
早々にくじけそうですw。以前の運用(SIMなしXperia + WiMax + ガラケー)の方が、
普段は快適だった気がします。。

#でも、WiMaxのエリアが微妙過ぎるし、モバイルルータの電池の持ちがとても微妙なので、
#E-Mobileにでもしようかとも。。

とにかく、ひとまず、SPモードメールアプリの使い勝手をもうちょっとよくしてほしいものです。