2010年10月29日金曜日

Simple Massager v1.1.1 released!




Simple Massager v1.1.1 をリリースしました。
v1.1.1:
- 画面表示をよりシンプルにわかりやすくしたつもりです。
もし、バグを見つけたり、ご意見などありましたら、
下記のgithub ウェブサイトでその問題点等の書き込みをしてくれると嬉しいです♪
http://github.com/masayukig/Simple-Massager/issues
ダウンロードは、以下を読み取っても可能です。

2010年10月13日水曜日

Androidアプリを作って公開してみた - Simple Massager

初めて、Androidアプリを作って公開してみた。
"Simple Massager"
というアプリです。

機能は非常に単純で、

  • 振動開始・停止

  • ランダム振動・連続振動の選択


が出来るのみです。

最大の欠点は、
「デバイスの振動が弱すぎてほとんど使いものにならない」
というところですw

次のアプリのアイデアもあるので、それの開発に着手したいと思います。

なお、ソースコードは、以下で公開しています。
http://github.com/masayukig/Simple-Massager

英語版ブログはhttp://blog.orzlabs.org/

2010年10月11日月曜日

apacheでアクセス数が少ない場合のメモリ節約方法

現在このサイトは、さくらVPSをつかっていて、いまのところ、メモリが512MBとそれほど多いわけではない。
で、
「何だか動作が遅いなー」
と思って、muninなどのツールを使って状況を確認して見たところ、swapしまくりで、
ディスクIOしまくりだったので、apacheの設定を以下の様に変更してメモリ節約をしてみることにしました。

以下の様に変更してみたら、圧倒的にレスポンススピードが向上しました。

# git diff f65246dc7a075a10537640ac9f6e6641ef812569 httpd/
diff --git a/httpd/conf/httpd.conf b/httpd/conf/httpd.conf
index 5c6710a..7e41ddc 100644
--- a/httpd/conf/httpd.conf
+++ b/httpd/conf/httpd.conf
@@ -41,7 +41,8 @@
# Don't give away too much information about all the subcomponents
# we are running. Comment out this line if you don't mind remote sites
# finding out what major optional modules you are running
-ServerTokens OS
+#ServerTokens OS
+ServerTokens Prod

#
# ServerRoot: The top of the directory tree under which the server's
@@ -98,11 +99,11 @@ KeepAliveTimeout 15
# MaxClients: maximum number of server processes allowed to start
# MaxRequestsPerChild: maximum number of requests a server process serves
<IfModule prefork.c>-StartServers 8
-MinSpareServers 5
-MaxSpareServers 20
-ServerLimit 256
-MaxClients 256
+StartServers 2
+MinSpareServers 2
+MaxSpareServers 4
+ServerLimit 25
+MaxClients 25
MaxRequestsPerChild 4000
<IfModule prefork.c>


まぁ、もちろん、このサイトのアクセス数が少ないからこの設定が有効なだけなので、
ある程度以上になると、この設定ではいろいろと不都合が出ると思いますが、
そうなったら、その時対処方法(別のサーバにするとか)を考えるということにしておきます。

ssh git@github.comで「Agent admitted failure to sign using the key. 」と なったら...

ssh git@github.comで「Agent admitted failure to sign using the key. 」となったら、


ssh-add ~/.ssh/id_rsa

と、するとうまくいくかもしれない。

参考サイト:http://ripan27.wordpress.com/2010/04/01/ssh-gitgithub-com-agent-admitted-failure-to-sign-using-the-key-permission-denied-publickey/

2010年10月3日日曜日

「Android 2.1プログラミングバイブル」購入

「Android 2.1プログラミングバイブル」というのを購入してみました。

近所の本屋でいくつか立ち読みして、この本が一番いろいろなことを網羅していそうだったので。


感想:

なお、これとは別に、
「Android Hacks ―プロが教えるテクニック & ツール」も購入しました。
こちらはまだ手元に届いていないので、届いたら何か書きたいと思います。

LinuxにXperiaをUSBデバッグモードで接続する

以下、URLの情報を参考に、XperiaをUSBデバッグモードでLinux(Fedora13-2.6.36-rc6-sandbox-00084-gc6ea21e)へ接続してみました。

http://www.adakoda.com/android/000242.html

http://salvan-devmemo.blogspot.com/2010/04/ubuntu-1004xperiausb-debug-mode.html

EclipseAndroid SDKは、インストール済みが前提。

で、まずは、Xperia側の設定から。

ホーム画面等から、
[設定]-[アプリケーション]-[提供元不明のアプリにチェック]-[開発]-[USBデバッグにチェック]
setting
application
unknown_appli
usb_debug
これで、Xperia側の設定は終了。
なお、ここまでの段階ではまだXperiaをUSBで接続しない方が良い。

次に、PC(Linux)側の設定。


$ sudo vim /etc/udev/rules.d/51-android.rules
$ cat /etc/udev/rules.d/51-android.rules
SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idVendor}=="0fce", MODE="0666"

というようなファイルを作成し、以下を実行。


$ sudo udevadm control --reload-rules
$ adb kill-server
$ adb start-server

なお、adbコマンドではroot権限は不要。各種コマンドのPATHは通しておいたほうが便利。

で、XperiaをUSBでLinuxマシンに接続。


$ adb devices
List of devices attached
XXXXXXXXXX(シリアル番号?) device

が表示されればOK。もし、

$ adb devices
List of devices attached
??????????(全て"?") device

の場合には、何らかの設定がおかしいか、USBを接続しながらudevのリロードをした等が考えられるので、
再度、USBケーブルの抜き差し等を行ってみる。

で、さっそく適当サンプルアプリを作って動かして、画面キャプチャをとってみました。
Xperia's screen capture

(たかだかスクリーンショットをとるだけなのに、結構大変。。どうにかならんのか?)