2010年10月3日日曜日

LinuxにXperiaをUSBデバッグモードで接続する

以下、URLの情報を参考に、XperiaをUSBデバッグモードでLinux(Fedora13-2.6.36-rc6-sandbox-00084-gc6ea21e)へ接続してみました。

http://www.adakoda.com/android/000242.html

http://salvan-devmemo.blogspot.com/2010/04/ubuntu-1004xperiausb-debug-mode.html

EclipseAndroid SDKは、インストール済みが前提。

で、まずは、Xperia側の設定から。

ホーム画面等から、
[設定]-[アプリケーション]-[提供元不明のアプリにチェック]-[開発]-[USBデバッグにチェック]
setting
application
unknown_appli
usb_debug
これで、Xperia側の設定は終了。
なお、ここまでの段階ではまだXperiaをUSBで接続しない方が良い。

次に、PC(Linux)側の設定。


$ sudo vim /etc/udev/rules.d/51-android.rules
$ cat /etc/udev/rules.d/51-android.rules
SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idVendor}=="0fce", MODE="0666"

というようなファイルを作成し、以下を実行。


$ sudo udevadm control --reload-rules
$ adb kill-server
$ adb start-server

なお、adbコマンドではroot権限は不要。各種コマンドのPATHは通しておいたほうが便利。

で、XperiaをUSBでLinuxマシンに接続。


$ adb devices
List of devices attached
XXXXXXXXXX(シリアル番号?) device

が表示されればOK。もし、

$ adb devices
List of devices attached
??????????(全て"?") device

の場合には、何らかの設定がおかしいか、USBを接続しながらudevのリロードをした等が考えられるので、
再度、USBケーブルの抜き差し等を行ってみる。

で、さっそく適当サンプルアプリを作って動かして、画面キャプチャをとってみました。
Xperia's screen capture

(たかだかスクリーンショットをとるだけなのに、結構大変。。どうにかならんのか?)

0 件のコメント:

コメントを投稿