2011年2月7日月曜日

Fedora on VMWare Fusion 3 on MacBook Air

Fedora14 on VMware Fusion on MacBook Air

先日のエントリーで、MacBook AirにFedoraをインストールしたことを書きましたが、
やはり、Mac OS X上からもLinuxを使いたいので試行錯誤して、
VMWare Fusion 3上から使うことができました。

以下、その方法。

まずは、普通に別パーティション(私の場合/dev/disk0s3(Mac表記))へFedora14(x86_64)をインストール。
なお、swapパーティションは、とりあえず作らない。必要なら後からswapファイルを作ってそれをswapにする。
(無駄なディスク領域は作りたくないので)
また、MacのUSキーボードの場合、キーボードは無印の「アメリカ合衆国」を選んだ方がいいようだ。
「日本語入力するから国際版(International)」かな?と思ってそれを選んだら、
「~, `, ", '」
などのキーがまともに入力できなくなってしまいました。

なお、設定は/etc/sysconfig/keyboardの

KEYBOARD="acentos-us"

となっているところを

KEYBOARD="us"

とすれば、普通のUSキーボードになるようです。
2011/02/08追記:
==========
どうやらこれではダメだったみたいです。。もうちょっと解決策を探してみます。
==========

で、肝心の別パーティションのディスクイメージを使用してのLinux起動ですが、
以下の手順でできました。
なお、http://fearandloath.us/vmware-fusion-bootcamp-partition.htmlのサイトの情報を
参考(というかほぼそのまま)にさせてもらいました。


$ cd "/Library/Application Support/VMware Fusion/"
$ ./vmware-rawdiskCreator print /dev/disk0
Nr Start Size Type Id Sytem
-- ---------- ---------- ---- -- ------------------------
1 1 409639 BIOS EE Unknown
2 409640 196982744 BIOS AF HFS+
3 197654528 39321600 BIOS 83 Linux
(という感じの出力がされるので、インストールするパーティションの「Nr」を確認しておく
私の場合は「3」)
$ ./vmware-rawdiskCreator create /dev/disk0 3 /Users/igawa/Documents/Virtual\ Machines.localized/rawfedora_x86_64.vmwarevm/bootcamp_partition ide
$ vim /Users/igawa/Documents/Virtual\ Machines.localized/rawfedora_x86_64.vmwarevm/rawfedora_x86_64.vmx
======
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "bootcamp_partition.vmdk"
======
を適当なところに追加 or 置換する。

これでOKでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿