2011年6月11日土曜日

Mac で Scala と Lift を使ってみる(2) Cloud Foundry編

「Mac で Scala と Lift を使ってみる」の2回目

今度は、作成したアプリをCloud Foundryへpushしてみます。
つい最近、Cloud FoundryScala-Liftに対応したので可能になりました。

今度は、「ゆろよろ日記」さんのサイト:
http://d.hatena.ne.jp/yuroyoro/20080808/1218168453
記述を参考にしました。


  1. アプリを作成

    $ mvn archetype:create -U -DarchetypeGroupId=net.liftweb -DarchetypeArtifactId=lift-archetype-basic -DarchetypeVersion=0.9 -DremoteRepositories=http://scala-tools.org/repo-releases -DgroupId=org.orzlabs -DartifactId=hello-lift


  2. パッケージ作成

    $ cd hello-lift/
    $ mvn package
    $ ls -l target

    warファイルが作成されていることを確認します。

  3. Cloud Foundryへpush
    以下手順からは、事前に、Cloud Foundryにて、sign upを済ませておく必要があります。

    $ gem install vmc (vmcをインストールしてない場合)
    $ vmc target api.cloudfoundry.com
    $ vmc login
    $ vmc push --path target/
    (以下の内容を聞かれるので、適当に入力)
    Application Name: xxxxx (アプリケーション名。好きな様につけて良い。)
    Application Deployed URL: 'xxxxx.cloudfoundry.com'? (デフォルトで良ければ単にEnter。アクセスするURLを指定する)
    Detected a Java Web Application, is this correct? [Yn]: (Enter)
    Memory Reservation [Default:512M] (64M, 128M, 256M, 512M or 1G) (デフォルトで良ければ単にEnter)
    Creating Application: OK
    Would you like to bind any services to 'nano'? [yN]: (DBを使用したければy。今回はとりあえず不要なのでN)
    Uploading Application:
    Checking for available resources: OK
    Processing resources: OK
    Packing application: OK
    Uploading (7M): OK
    Push Status: OK
    Staging Application: OK
    Starting Application: OK


  4. Webブラウザでアクセス

    Scala-Lift app push to CloudFoundry


    これだけ!。超絶簡単にScala-Liftアプリを公開できる!




TODO:

  • Cloud Foundryでの(DB)サービスの利用

  • Scala学習

  • Lift学習

  • もっとまともなアプリ作成

1 件のコメント:

  1. [...] ブログ更新。ツッコミ歓迎: Mac で Scala と Lift を使ってみる(2) Cloud Foundry編 http://b.0r2.info/?p=1515 #Mac # [...]

    返信削除