2011年7月26日火曜日

Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition をインストールしてみた

Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition をインストールしてみました。

インストールは特に難しいことはなく、

  1. 上記リンクをクリックし、
    以下の「無償ダウンロード」からインストールファイルをダウンロードします。



  2. ダウンロードしたら、ファイルをダブルクリック等でマウントし、以下のWindowが表示されたら、
    「Sophos Anti-Virus Home Edition.mpkg」をダブルクリックし、
    インストーラを起動。



  3. あとは、インストーラに従い、インストールするだけです。





Sophosはウイルス対策ソフト(セキュリティ)会社として、有名だと思いますし、
無料なので、ひとまずインストールしておいて損は無いと思います。

参考にした記事:
Macユーザーに贈る、そろそろ入れておくといいアンチウィルス・マルウェアソフト6選

2011年7月23日土曜日

Lionで 3rd party なNASではTimeMachineが動かない

昨日、Lionにアップデートしましたが、以下の様なエラーがでて
Time Machineでバックアップができなくなりました。


ググってみたところ、いくつかの情報が得られました。


なお、今回のバックアップ失敗では、以下の様なログが/var/log/syslog.log に出力されていました。

2011年7月21日木曜日

Mac OS X Lion インストールしました!


というわけで、Mac OS X Lionをインストールしました。


今のところ、トラックパッドによるスクロールが、上下逆さまになったことに慣れるのに必死ですw
(もちろん、設定で変更可能ですが、この方がiPad/iPhoneみたいで、きっと良いんだと思うことにします)

システム環境設定の「トラックパッド」のところ

では、
どのようなジェスチャーが使えるのか?がわかるので、便利です。

Lion キター!



Mac OS X Lionがついに発売となりました!
と、ともに、新しいMacBook Airも発売になっています

現在、Lionをダウンロード中&インストール中。
再起動を促された

ので、詳細は後ほど。

2011年7月19日火曜日

Facebook コメントを追加してみた

Facebookコメントを追加してみました。

インストールしたのは、Facebook Comments for Wordpressというプラグイン。
Wordpressのプラグイン新規追加から検索/インストールできます。

インストールの際には、以下の記事を参考にさせていただきました。
http://www.lastday.jp/2011/05/23/wordpress-facebook-commnet-plugin

特に問題なく、設置できました。
コメント欄の幅は、今のWordpressテーマ(Suffusion)だと600pxがちょうど良いようです。

2011年7月2日土曜日

Cloud Foundry で Scalatra アプリを実行



Cloud Foundry で Scalatra アプリを実行してみます。
Scalatra 自体については、ググってください。 :-P

  1. sbtをインストール
    インストール方法は、Mac で Scala と Lift を使ってみる(1) インストール編に記載した通りです。
    Linuxならばapt-getやyum等でインストールできるかもしれません。
    Windowsはわかりませんw

    下記のgit cloneでsbtも取得できるので不要

  2. sbtアプリ作成&テスト実行
    Quick start (SBT 0.7.x)に書かれている方法を実行します。

    $ git clone git://github.com/scalatra/scalatra-sbt-prototype.git my-app
    $ cd my-app
    $ ./sbt
    > update
    > jetty-run
    > ~prepare-webapp

    で、あとは、http://localhost:8080/ へアクセスすれば、上記の様な画面が表示されると思います。

  3. Cloud Foundryへpush

    $ sbt package
    $ vmc push --path target/scala_2.8.1
    Application Name: 好きなアプリケーション名を入力
    Application Deployed URL: 'アプリケーション名.cloudfoundry.com'?
    Detected a Java Web Application, is this correct? [Yn]:
    Memory Reservation [Default:512M] (64M, 128M, 256M, 512M or 1G)
    Creating Application: OK
    Would you like to bind any services to '好きなアプリケーション名'? [yN]:
    Uploading Application:
    Checking for available resources: OK
    Processing resources: OK
    Packing application: OK
    Uploading (9K): OK
    Push Status: OK
    Staging Application: OK
    Starting Application: OK

    とすれば、warファイルが作成され、Cloud Foundryへpushできますが、
    1点注意点があります。デフォルトでは、scala-compiler.jarがwarファイルに含まれないらしく、
    このwarファイルをvmc pushしても実行時にエラーとなります。
    http://d.hatena.ne.jp/fits/20110521/1305942644
    というわけで、以下の修正を加えた後、

    $ git diff
    diff --git a/project/build/MyProject.scala b/project/build/MyProject.scala
    index 0b8e9e0..c5fc24a 100644
    --- a/project/build/MyProject.scala
    +++ b/project/build/MyProject.scala
    @@ -15,6 +15,9 @@ class MyProject(info: ProjectInfo) extends DefaultWebProject(info) {
    // http://groups.google.com/group/simple-build-tool/msg/1f17b43807d06cda
    override def testClasspath = super.testClasspath +++ buildCompilerJar

    + // http://d.hatena.ne.jp/fits/20110521/1305942644
    + override def webappClasspath = super.webappClasspath +++ buildCompilerJar
    +
    val sonatypeNexusSnapshots = "Sonatype Nexus Snapshots" at "https://oss.sonatype.org/content/repositories/snapshots"
    // For Scalate
    val fuseSourceSnapshots = "FuseSource Snapshot Repository" at "http://repo.fusesource.com/nexus/content/repositories/snapshots"


    $ vmc push

    します。

  4. Cloud Foundryで動作確認
    http://好きなアプリケーション名.cloudfoundry.com/へアクセスし、
    「hello to Scalate」リンクをクリックして、以下の画面が表示されれば成功です。



2011年7月1日金曜日

Mac ソフトウェアアップデート来てた( Lion へのアップグレードのため)

Software update for upgrading to Lion



Mac のソフトウェアアップデートが来てました。
いくつか更新項目はありますが、
「Mac OS X Lionへのアップグレードを Mac App Store からできるようになります」
というのが大きなところだと思います。

http://www.apple.com/jp/macosx/によると、
Lion は7月発売予定 価格は 2,600円 ということなのですが、待ち遠しいですね。