2011年9月16日金曜日

CrashPlan でキャッシュファイルが大きくなって困ったらやってみること

送信者 for Blog


現在、CrashPlanというオンラインバックアップサービスを利用中です。
サービスとしては、結構快適で

  • バックグラウンドで自動的にバックアップしてくれる

  • 台数・容量無制限のプランがある

  • 他のコンピュータをバックアップ先に選ぶことができる(らしい)

  • Linux, Macに対応している

  • 履歴を持っており、指定した日にちに戻れる(らしい)


と、かなり使い勝手はいい感じです。

しかしながら、頻繁に更新があるようなディレクトリ、ファイルを指定したりすると、
やたらとキャッシュファイルが大きくなってしまうことがあるようです。
(私の場合、10GB近くまで大きくなってしまいました)

こうなってしまうと、そのファイル・ディレクトリをバックアップ対象外としても、
小さくなってくれませんでした。

なので、キャッシュファイルを削除してみることにしました。

キャッシュファイル削除手順(Linuxの場合)


私の場合はこれで、キャッシュファイルを小さくすることができました。


以上をまとめると、

  1. 頻繁に更新があるようなディレクトリ、ファイルはバックアップ対象から外す

  2. キャッシュファイルを削除するには、CrashPlanサービスを停止し、
    ディレクトリ毎削除。CrashPlanサービス起動を行う



ということをすれば、なんとか使っていけそうです。

公式に認められた手段ではなく、私が勝手に行っていることなので、実行は自己責任でお願いいたします :-P

0 件のコメント:

コメントを投稿